スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

転職シーズンらしいので天職について考えてみた

この間、高校時代の友達に会ったら、
そろそろ転職シーズンだから、がんばんないとなー!
って話になった。

自分は転職する気ゼロマックスだったから、
ふーん。みたいな感じだったんだけど、
ちょっと転職というか、天職っていうものについて
考えてみた。

天職っていうのは、もう一生この仕事続けていくぜー!
っていうのだとすると、それには二つの要素が必要になってくると思っている。

1つは仕事が好きになるっていうこと。
もう1つは尊敬する人がいるってこと。
この二つが重なって初めて一生仕事続けて行きたいって思うんじゃないかなぁ。


転職するときってきっと色々な考えが頭をよぎる。
新卒の就活も一緒か。
給料どれくらいもらえるのかとか、
休みは取れるのか。
離職率は?
この会社の経営理念は?
どんなキャリアパスを描けるんだろ?
この会社に入って3年後、10年後は何できる?何したい?

そんなん、たぶんどうでもいい。
根本をたどれば考えるのは最初の二つ。
仕事が好きになれるか。尊敬できる人がいるか。

なんでその二つが重要かっていうと、
それらが自分の成長に一番関わってくるから。


仕事をする時間っていうのは、20代以降で一番デカイ。
その時間をどう使うのがいいか。
金以上のものを得られないともったいなくないか。

こんな話を今度してみようかな。
このどちらかが無くなった時が俺の転職シーズンになるんだろう。
スポンサーサイト

IT技術者のこれからの可能性

この前、大学時代の友人と飲み会をした。
そいつと飲むと毎回ふざけて早く独立しようぜっていう話になる。

それで、俺らIT技術者がどういう方向性でお金を稼げるかっていう話になったので、
メモっておく。

1.ソフトウェア請負開発
2.ネットサービス運営
3.ネットワーク・サーバ構築
4.パッケージソフト開発・販売
5.教育
6.コンサル
7.本書く

実現可能性はおいておくとして、ざっとこれぐらいあがりました。
もちろん1つ1つが全く別・並列というわけでなく、
3やって、1やるとか、同時にやるとか、最終的に7やるとかっていう
関係性は色々と考えられます。

けど、実際こんなもんなんだよねー。
ちょっと考えただけでも、自分で金を稼ぐというのは大変なんだよね。。
とりあえず、サラリーマンでも出来るネットサービス運営でもやりますかー。
なんかこの連休中に作ってやる。

エンジニアの2割は副収入あり!給与以外に稼ぐには?/Tech総研
上の記事を見てみると、副業してるのって、
たったの2割なんだねー。
せっかく技術あるんだからなんかに使わないともったいないと思う。
実際、そんな暇あるかー!って感じなんだろな。
その暇を作るためにも、一人で稼ぎたいんだけどな。

金持ち父さん貧乏父さん

以前から読もう読もうと思っていた「金持ち父さん貧乏父さん」の本をようやく読みきりました。

心に残ったポイントを載せておきます。
・ラットレースから抜け出すためには頭を使え
・金持ちは資産を買い、そこから生まれる利益でまた資産を作り出す
・仕事は学ぶためにするもの

この本は下手な自己啓発本よりもやる気を出させてくれます。
人の根本にあるのは働きたくないって言う気持ちと
働かないと生きていけないっていう気持ち。
そこをビシビシとつついてくれる本でした。

金持ち父さん貧乏父さん金持ち父さん貧乏父さん
(2000/11/09)
ロバート キヨサキシャロン・レクター(公認会計士)

商品詳細を見る
投資を始めるきっかけとなる本。
スタートは出来るけど、これだけでは進まない。
スタートする気が無い時、ちょっとやる気をなくしてしまった時などに読むといい本。

blogはじめました

ブログをはじめました。

日ごろ考えていること、IT技術関連の記事を載せていきます。

テーマ : つぶやき
ジャンル : 日記

プロフィール

Author:tsuchiwara
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
おすすめ商品
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。